スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

テンプレートの変更

影絵のテンプレートを少し変えて見ましたが、如何でしょうか?
スポンサーサイト

豊中まつりを楽しみました

8月6日・7日 阪急電車曽根駅から徒歩5分余の豊島公園一帯で繰り広げられた豊中まつりに参画しました。
今年は、市民の手による祭りになって20年を記念するものであり、豊中市制施行80周年
を祝うものでもありより盛大に開催され大勢の市民で賑わいました。
豊中市は沖縄市と兄弟都市であることもあり、そのメイン会場は「沖縄音舞台」広場になり
ますが、我々SAとよなかはその中でも重要な位置を占めるワークショップを担当して15年になりました。
ワークショップ看板
そこでの楽しみの一つは、かんから三線づくりです。
猫の皮を使う三味線と違って、沖縄には蛇の皮を胴の共鳴板に使う三線(さんしん)があり
高価なものは家宝として床の間に飾られています。
戦後、沖縄の人たちが米軍の収容所に入れられたときに、ビスケットの缶を胴に、ベットの
廃材を棹に、パラシュートの糸を弦にした「かんから三線」を組み立てて演奏し生活の癒し
としたそうです。
これが、今でも三線の基礎を勉強するための格好の教材になっています。
このキットを沖縄から取り寄せて、組立-調律-演奏の基礎練習を行ってもらっています。
基礎をマスターしたら、早速、舞台に上がって演奏の仲間入りです。
演奏風景
初舞台の子どもたちをご覧ください。

二つ目は、前回に報告したシーサーの色づけです。
いろづけ1
いろづけ2
いろづけ3
6日は、豊中市の気温37.1度と日本で2番目に暑い記録が出た日でしたので汗を拭きながらでしたが自分だけのシーサーを完成して満足していただける様子に私たちも奮闘しました。
会員数の減少と高齢化で今年限りでこの取組から卒業したいと考えていますが
祭りの看板として定着してしまったものでもあり、どうするかが悩みです。

豊中まつりの季節になりました

豊中まつり2016が 8月6日から7日にかけて 阪急電車曽根駅から徒歩5分の豊島公園一帯で開催されます。
一昨年は、沖縄市と兄弟都市40周年でしたが、今年は豊中市制80周年のおめでたい年であります。
我等SAとよなかは、そのメイン会場になる沖縄音舞台広場の一画にテントを三幕連ねて
ワークショップを行います。
 本格的にやりだしてから今年で13年目になりますので、要領は定着しているものの
スタッフの高齢化によって悲鳴をあげながらの挑戦です。
 ワークショップでは2つのメニューがあります。
 一つは、沖縄伝承楽器三線をまねて戦後の収容所の中で生まれた「かんから三線」
のキットを沖縄から取り寄せて、その組立から初めて基礎的な演奏が出来るまでを
指導します。
 二つ目は、沖縄では守り神とされるシーサーをイメージしたものを紙粘土で制作した
ものに自由に色づけをしてもらいます。会員の手作りですので全く同じものはなく、
世界で一つだけのシーサーを作れると毎年大好評です。
P1020643.jpg

真っ白なシーサーを色づけした一例を紹介します。
色見本
どんな色を選ぶかによって 性格判断ができるそうです。
青は、誠実 冷静沈着な方が勝負運を願う
赤は 闘争心が強い方が 仕事運 健康運を願う
緑は 協調性に富み 平常心でこなせる方が健康運を願う
なんて言っている人がいます。
さて、今年は何色が多くなるのかも楽しみです。


大阪府SA連協歌体操フェスタに参加しました

3月17日午前11時から 高槻現代劇場中ホールで開催されたフェスタに参加しました。
音響も照明もすばらしい劇場の舞台に上がっての演技を楽しくやりきることができました。
曲目の「昴」が3チームになってましたが、私たちは未だ日が浅く、早くから曲を決めて練習を積み重ねばならないグループで
早くから曲名を登録していたことをご理解いただければと思っています。

              P1020038_convert_20160317160835.jpg

第23回豊中ボランティアフェスティバルに参加しました

第23回豊中ボランティアフェスティバルが、平成28年3月5日午前10時~午後3時30分にかけて豊中市すこやかプラザにおいて開催されました。
これは、豊中市社協ボランティア団体連絡会と(社福)豊中市社会福祉協議会が主催して、毎年1回、ボランティアグループによる活動発表の場になっています。
SAとよなかの高倉副代表が、ボラ連の副会長を務めるなど、最も会員数の多い団体として、SAとよなかは積極的に参加しています。
今回の開会式では、ご挨拶が続いた後に、ボランティアセンターのゆるキャラ「ボランちゃん」を中にして浅利豊中市長(写真左)と松岡市議会副議長が、手話で東日本大震災の復興に引き続き応援しょうとありました。

   P1020017.jpg
SAとよなかは、「腹話術と紙芝居」のステージ発表をしました。 テーマは、マチカネわにでした。
  松尾代表と腹話術の西本さんの掛け合いで始まりました。
   ボランティア2
 西本さんは、いろんなところで活動されているので、軽妙にこなしていました。
   P1020022.jpg
 次いで、紙芝居で、マチカネわにが発見されるまでの経緯が紹介されました。
   P1020024.jpg
 そして、マチカネくん体操で会場のみなさんと身体を動かして終わりました。
   P1020025.jpg



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。